SHUT OUT

~JR北海道野球部 塚野廉投手が大好きな人のblog~

2016-07-18から1日間の記事一覧

<リブログ>スコアシートを持って♪ [2016]7月18日の新日鐵住金鹿島(鹿嶋市)対JR北海道(札幌市)@東京ドーム

北海道新幹線開業の年に開催の第87回都市対抗野球大会。 JR北海道硬式野球部の気合いは相当なもので、投手陣の並々ならぬ出来の良さと意外と鉄壁な守備陣、そして勝負強い攻撃陣を整備してこの大会に臨んでいます。

新日鉄住金鹿島×JR北海道 試合ダイジェスト

都市対抗野球第4日目第1試合は新日鉄住金鹿島(鹿嶋市)とJR北海道(札幌市)が対戦。 JR北海道が粘る新日鉄住金鹿島を2-1で振り切って2回戦へコマを進めた。

「優勝して新幹線で黒獅子旗」JR北の戸田 (毎日新聞)

第84回大会(2013年)の1回戦で沖縄電力(浦添市)を完封して以来の東京ドーム2勝目、JR北海道(札幌市)の戸田公星投手(28)。チームの白星もそのとき以来だ。 「公の舞台でスターになれ」との願いが込められている公星という名前のように、マ…

都市対抗野球、JR北海道が2回戦へ 第4日 (北海道新聞)

第87回都市対抗野球大会第4日は18日、東京ドームで1回戦3試合が行われ、JR西日本(広島市)JR北海道(札幌市)NTT東日本(東京都)が2回戦に進出した。

JR北海道 戸田、4安打1失点で完投「落ち着いて投球できた」 (スポニチ)

JR北海道は先発・戸田が9回4安打1失点で完投勝利。今年で社会人10年目となるベテランは「自分が粘っていたら、いつか点を取ってくれると思っていた。最初は球が高かったけど、その後は落ち着いて投球できた」と充実の表情で汗をぬぐった。

決め手はJR北海道の代打・土屋の一振り (毎日新聞)

一進一退の攻防に終止符を打ったのは、JR北海道(札幌市)の代打・土屋の一振り。 同点とされた直後の八回2死二塁で出番がくると「自分のスイングをすることだけを考えた」という。 初球の甘いスライダーをとらえ、左翼フェンス直撃の三塁打で勝ち越した。

平成28年7月18日 第87回都市対抗野球大会 初戦

鹿嶋市・新日鐵住金鹿島との対戦です!北海道代表として元気よく戦い、勝利を皆さまにお届けします!たくさんの応援をよろしく願いします! 10:30~東京ドーム 三塁側 なお、試合のライブ中継も行っております!以下のJR北海道野球部HPからご確認ください!…