読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHUT OUT

~JR北海道野球部 塚野廉投手が大好きな人のblog~

社会人野球・JR北海道、台風被害などで休部…北海道から企業チーム消える (スポーツ報知)

休部のお知らせ 新聞記事

news.biglobe.ne.jp

 

 JR北海道は4日、硬式野球部を今季限りで休部すると発表した。厳しい経営状況に加え、今夏の台風で甚大な被害を受けたことにより、同社は「現行の体制を維持したまま活動を継続するのは困難」と判断。今後は規模を縮小し、クラブチームとして活動する。本道の「企業チーム」が、ついに消滅することになった。JR北海道は1909年(明治42年)に「鉄道団」として創部された日本最古の企業チーム。

道内では05年のサンワード貿易の廃部以降、唯一の企業チームだった。狐塚賢浩監督(50)以下、選手、スタッフ30人が在籍。年間運営費は約4000万円だった。

 

関係者によると、チームには3日夕に会社側から休部が告げられ、涙を流す選手もいたという。

かつて所属したたくぎん、サンワード貿易の廃部に続き3度目の悲劇に見舞われた狐塚監督は「まだクラブチームでの道が残されている」と前を向き、日本野球連盟北海道地区の瀬戸武会長は「選手はモチベーションを下げることなく、都市対抗や選手権を目指してほしい」とエールを送った。

とはいえ、恵庭市にある専用球場は照明設備がなく、これまでのような練習時間は確保できない。